不動産担保ローンのメリット・デメリット

不動産担保ローンのメリット


不動産担保ローンは不動産を担保にして融資を受けるローンです。その一番のメリットは金利の安さです。

個人の信用を担保にする無担保ローンに比べるとずっと安い金利なので、その分総返済額が少なくて済みます。

これは不動産という担保があるため、融資する側にとっても回収のリスクが小さくなるため金利を安くすることができるのです。


また年収による総量規制もあり、高額融資の難しい無担保ローンに比べると不動産担保ローンは融資額も大きくまとまった金額が借りられます。

不動産の評価額によって融資額は変わってきますが、評価額の7割程度を上限にするところが多く、場合によっては億単位の融資も可能になります。

融資額が高額になると長期の分割返済で月々の負担も少なく計画的な返済計画が立てられます。



また不動産担保ローンでは不動産が担保となるために保証人の必要がなく、審査も簡単なこともメリットでしょう。フリーローンの種類なのでお金の使い道も自由です。

このようなメリットから事業のための融資や一時的なつなぎのための融資の他に、いくつかの借入をひとつにまとめるおまとめローンとして利用する人が多いようです。

 不動産担保ローン一括申込および不動産担保ローン会社一覧



不動産担保ローンのデメリット


不動産担保ローンのデメリットはなんといっても返済ができなくなった時に不動産を失うことでしょう。

返済不能になったら担保にした不動産を売却して借入分を返済しなくてはなりません。現在住んでいる家を担保にした場合、住む家を失うことになってしまいます。


また不動産の評価額が変動し担保価値が下がってしまった場合、不動産を売却しても返済分に足りないという担保割れを起こすこともあります。

その場合はさらにその分も返済しなければなりません。家を失ってもまだ借金が残るというのは恐ろしい事態ですね。


不動産担保ローンを利用する場合には注意しなければいけない点もあります。

低金利で長期分割返済できることは借りる側にとってはメリットですが、もしまとまったお金ができたからと一括返済すると貸した側にとっては利益が少なくなってしまいます。

そのため中途解約違約金を設定している金融会社も多くあります。



また担保となっている不動産の評価額が下がった場合、追加担保を求められる場合もあります。

この辺は金融会社によって契約内容が異なる点ですので、事前によく比較検討したほうがよいでしょう。

不動産担保ローン契約時に手数料や登記費用がかかるという事、抵当権を設定すると債務額や借入先が不動産登記簿に記載されることも知っておいたほうがよい点です。

これらの手続きがあるため融資の実行には時間がかかるので、急いでお金が必要な人には難しいかもしれません。

 不動産担保ローンの選び方

page top